軽くするのに和牛をつかい薄くして使用した結果強い衝撃に一発で裂ける
スポンジの様な芯材でいつまで経っても型がつかない
捕球面革の裏張りにフェルト生地のようなものが貼ってあり使い込む程グニャグニャになる

良い物を作っても高いと売れない、売れる価格帯で利益をとっていかなければならないからどこかでコストダウンしなければならないが、宣伝広告活動は減らさない。

付加価値よりも本質的な価値で、ブランドロゴよりも道具としての優劣で選びませんか?

野球工房A27では、在庫品仕入れの際「価格に対して道具としての品質は適正なのか?」
という点を最も重視しております。
グーローブを選ぶ際、何で判断しますか?

<革>
日本製革、台湾・韓国製革
ステアハイド、オーバーキップ、キップ、和牛
北米、北欧、北海道
⇒東南アジアの仔牛と北欧の仔牛を同列にキップといえるか?
⇒北米キップを日本製革と台湾製革で同列にキップといえるか?

<芯材>
羊毛、化繊、ニードル

<レース>
国産レース、USローハイド、その他のレース

<縫い糸、縫い目>
使っている糸や、一縫いの距離で糸が切れやすいイメージのあるメーカーもあります
親指付け根や指股に特に表れやすいです

<製造>
日本、中国、フィリピン、ベトナム

<価格帯>
高・中(ボリュームゾーン)・低


 
  • メンテナンスご案内
  • メンテナンス講座
  • ブログ スポーツやの手仕事-野球工房A27