グラブのお手入れ方法
 もっとも望ましくないのは、古いオイルと砂埃が一緒になってこびりついて常にべとべとした汚れた状態です。毛穴にフタをされたイメージになり、汗が乾きにくく、いつも湿った重い、悪臭のするグラブになってしまいます。
 革に通気性がある、すっぴんの状態にリセットしてあげることがお手入れの基本です。自分の素肌のようなイメージでグラブ・ミットを取り扱って頂ければと思います。
 汚れを取り、乾かして、必要であれば保湿するという流れでお手入れ方法とアイテムの使い方をご案内いたします。
グラブのお手入れ-汚れ落とし
 まずは、何も塗ったりせずにブラシやタオルなどで砂を落としましょう。いきなりクリーナーで汚れを取り始めると、クリーナーをたくさん使いますし砂汚れもきれいに取れませんので、おおまかな土はブラシで落としましょう。
 ブラシは小型で柔らかく細い毛先のものが使いやすいです。ナイロン製や豚毛製に比べ、馬毛ブラシですと、毛先が柔らかいので強くこすっても大丈夫です(本来は仕上げ用になります)。泥がこびりついた場合や細かい部分は使い古しの歯ブラシなどがよいでしょう。
小型で使いまわしやすい馬毛ブラシ(税別500円) 馬毛ブラシ
※画像クリックで商品ページにジャンプします
 大まかに汚れを落としたら、クリーナー・レザーローションで手入れします。
 おすすめは ハイゴールド(HIGOLD) マルチクリーナー OL-60 です。当店実店舗のリピート率No.1アイテム!
 沢山入っていてお得感がありますし、ペースト状で革に染み込みにくいので日々のお手入れに使いやすいです。匂いも無いので抵抗なく使えます。平裏(手が触れている内側部分)の汚れ落とし、スパイクやエナメル素材などにも使用でき万能です。
普段のお手入れに使っていただきたいハイゴールドのマルチクリーナー(税抜販売価格1,350円)

※画像クリックで商品ページにジャンプします
 もし、今お使いのグラブ・ミットが
  ・オイルの塗りすぎによりベタベタする
  ・黒土が落ちてない
という場合は M.モゥブレィ ステインリムバー がおすすめです。
 汚れを落とす効果が高く、当店では修理グラブお預かり時によく使用しています。汚れを落とす効果が高い(革色をとってしまう場合がある)ので、普段のお手入れ用というよりは集中的に汚れを落とすときの使用に向いています。ベタベタしないので特に平裏(手の触れている裏側部分)の汚れ、汗のケア用におすすめしたいです。
集中ケアに!?汚れ落とし効果の高いステインリムーバー(税抜販売価格600円)

※画像クリックで商品ページにジャンプします
 手間ではありますが、マルチクリーナーやステインリムーバーを使用する際は、指に布を巻きつけ、その指先にクリーナーをつけると効果的に使えます。刷り込むのではく、すくうように汚れをとります。
 また、グラブの平裏(手を入れる部分)やヘリ革の汗の汚れもクリーナーでケアするとひび割れ対策になります。
グラブお手入れ-乾燥
 雨や汗で湿っている場合は乾かします。「お煎餅などに入っている乾燥剤」などを集めて手を入れる側に突っ込んでおくのが、お金もかからずおすすめの方法です。
 グラブ袋やグラブホルダーに入れっぱなしにせず、風通しのよさそうな場所や高い位置に吊るしておくといいです。こんなことの積み重ねが良い状態での長持ちの秘訣だったりします。

 雨でぬれた場合は布団乾燥機に段ボール箱などをつないで段ボール箱の中で乾かすという方法もあります。乾燥機等を使用する場合はこまめに様子をみるようにしましょう。
グラブのお手入れ-保湿
 最近は、オイルを塗り過ぎない方がいいというのを拡大解釈され全く塗らないという人も多いようですが、、油分が全く補給されないと革が硬くなったりひび割れたり、色落ちが早まる、革に張りがなくなる、ボールとの摩擦で表面が削れやすくなるなどの影響があります。カサカサになりすぎると捕球音が悪くなります。
 オイルの塗り過ぎは逆にグラブが柔らかくなりすぎたり砂埃がつきやすくなる、革の表面に蓋がされたようになり汗が乾きにくくなるなどの影響が考えられます。結果、重くて匂うグラブになってしまいます。
 難しいのですが、オイルを塗る頻度などは時期や使用状況によって一概に言えませんので、よく観察をして頂いて必要だと思ったら塗るようにしてください。ポイントは、自分の素肌というイメージで観察することです。

 特に擦れやすい捕球面、指先と汗がつく手入れ部分、ヘリ革には必要であればオイル類を塗ってあげます。革紐もたまに塗ってあげると切れにくくなります。
 恐らく、早くグラブ・ミットを柔らかくしたいという気持ちからオイルを沢山塗り込む方もおおいと思います。自分で型をつけたり、店で加工してもらったが更に柔らかくしていきたいという時におすすめのオイルがあります。
 ハイゴールド(HIGOLD) グラブソフナー OL-70 です。液体スプレータイプの軟化剤オイルで革に優しく柔らかくしてくれます(オイルを塗ったあとに揉みこむと効果的)。大胆にいく方はグラブに直接吹いていただいて、慎重にいきたい方はスポンジに付けてから塗り込んでください。
湯揉みしたくなかったり、自分で型をつけたい方にはぜひ使用していただきたいです。有名な ハタケヤマ SF-1 と比較して効果は若干落ちますが、しっとりした自然な仕上がりがおすすめです。
こちらの ハイゴールド グラモイ はヒアルロン酸配合で、
グラブ・ミットをこれ以上重くしたくない、柔らかくしたくないという場合におススメです。化粧品グレードですから素手につけてそのままグラブへ塗れます。

こちらは動物性油脂(馬油)を使用した当店独自のグラブオイル
馴染みがよく、浸透性が高いので表面にほとんど残らず
さらっとした仕上がりになります。


オイル類を塗る際も指に布を巻きつけ塗るか、指で直接塗り、
ベタツキが残らないよう余分なオイルは拭き取りましょう。



 
Q.グラブオイルはいつ塗ればいいですか?

A.グラブの手入れをする度に毎回塗らなくて大丈夫ですが、最近オイルは「重くなるから塗らない方がいい」という方も見受けられます。
オイルは、革が乾燥してかさついてきたら塗ってあげましょう。
革の表面がすり減ってしまい、白くなってきた部分には缶に入った固形オイルを指で塗り込み保革してあげましょう。
明確にどのくらいの頻度で塗ればいいというのは無いので、グラブを観察して必要なタイミングで油分を補給してください。

Q.オイルとクリーナー、どちらも必要ですか?

A.あったほうがいいです!
メインでクリーナーを使用し、たまにオイルを塗りましょう。

Q.雨で塗れたら?

A.慎重に乾かします。
布団乾燥機があればベストです。
乾燥機の温風が直接当たらずに集まるよう、大き目の段ボール箱に乾燥機のホースを連結し、グラブを入れて乾かします。
乾きすぎのカピカピにならないよう、必ずこまめにチェックをいれてください!
また、乾く前にオイルを塗ると水がでなくなり、重くなりますので、オイルは乾いてから
塗りましょう。
  • amazon pay ご利用いただけます
    • メンテナンスご案内
    • メンテナンス講座
    • 野球工房A27ブログ